【猫のワクチン】接種は義務?接種時期や効果、料金についても解説!

  •   
  •   
  • 【猫のワクチン】接種は義務?接種時期や効果、料金についても解説!
猫と病気

ペットの飼い主さんが無視できないこととして、「ワクチン接種」があると思います。とくに犬は狂犬病ワクチンを接種させることは飼い主の義務として法律で定められています一方、猫のワクチンはどうでしょうか?猫にもさまざまな疾患を予防するワクチンがありますが、これらのうち接種が義務づけられているものはあるのでしょうか。

 

今回は、猫のワクチンの種類、ワクチンに関する法律やガイドライン、接種(注射)部位や時期と効果の関係について説明していきます。

これを読んで、猫を飼う準備中の人も、猫を既に飼っている人も、大切な飼い猫のワクチン接種についてしっかりと計画を立ててあげてくださいね!

 

猫のワクチン(予防接種)にはどんな種類があるの?

まず猫のワクチンにはどんな種類があるのか、表にしてみました。

病名 ウイルス名 ワクチン名
3種混合

ワクチン

5種混合

ワクチン

狂犬病

ワクチン

伝染性性鼻気管炎 猫ヘルペスウイルス(FHV/FRV)
猫汎白血球減少症 猫パルボウイルス(FPV)
猫カリシウイルス感染症 猫カリシウイルス(FCV)
猫白血病 猫白血病ウイルス(FeLV)
猫クラミジア症 猫クラミジア
狂犬病 狂犬病ウイルス

基本的に、猫がよくかかる疾患かつ致死性の高い疾患でワクチン効果が期待できる原因ウイルスに対して、ワクチンがつくられています。(猫クラミジアはウイルスではなく、細菌の一種です。)

このうち、「猫ヘルペスウイルス」「猫パルボウイルス」「猫カリシウイルス」の3種類を混合したワクチンを『3種混合ワクチン』とよぶように、混合ワクチンを打つのが一般的です。

3種ワクチンが基本で、5種ワクチンは「猫白血病ウイルス」「猫クラミジア」が追加されたワクチン、他にも変異しやすい「猫カリシウイルス」の別株2種を混合した4種、6種ワクチンといった変わり種もあります。一般的には、3種か5種から選ぶのがスタンダードでしょう。

また、日本では犬に義務づけられている「狂犬病ワクチン」は、猫にも適用されています。しかし犬とはちがい“義務”ではありません。実際に、飼い猫に狂犬病ワクチンを受けさせている飼い主さんはほとんどおらず、海外に連れ出す場合などにのみ接種するのが一般的です。

(参考文献:世界小動物獣医師会「ワクチネーションガイドライン」)

 

猫のワクチン接種は義務なのか?

上記でご紹介した猫用ワクチンですが、いずれも接種は「義務」ではありません。全て飼い主さんによる「任意」での接種となります。

ペットショップやブリーダーから譲りうけた場合は既に、ワクチンの初回接種が済んでいることもあるでしょう。初回接種時に「副作用」などが出なかったか確認し、追加接種は飼い主さんの判断で実施するかどうか決めると良いと思います。

ただし、海外に連れ出す場合は「狂犬病ワクチン」を必ず接種し、きちんと免疫がついていることを証明しないと輸送許可が出ませんのでご注意ください。(参考:動物検疫所HP)

なお、「狂犬病ウイルス」は狂犬病と名付けられていますが、実際はいったん感染すると猫の方が発症率は高く、アメリカでは感染猫の数が感染犬より多いと言われています。なお発症した場合は、すべての動物種で死亡率がほぼ100%です。(参考:獣医内科学<小動物編>)

猫のおすすめワクチンは?

さて、それでは「任意」で接種するかどうか、どのように判断すればよいかについてお話したいと思います。

ワクチンを接種すべきか、どの混合ワクチンを選ぶと良いか、はそれぞれの疾患について知識がないと判断できません。詳しく知りたい場合は動物病院で先生に聞いたほうが良いですが、下記に簡単にまとめておくので参考にしてください。

 

■混合ワクチンに含まれる各疾患の解説(参考資料:獣医内科学<小動物編>)

猫ウイルス性鼻気管炎 多頭飼育環境では、ほぼ100%感染しているとも言われるウイルスです。かつては「猫インフルエンザ」などとよばれ、6か月齢未満の子猫では発症率が高く、死亡率も高い疾患。
猫カリシウイルス感染症 猫ウイルス性鼻気管炎と合わせて「猫のウイルス性上気道感染症」とよばれます。症状は同じで、どちらが原因か判別が難しく、混合感染も多い。
猫汎白血球減少症 軽度発熱から、突然の激しい下痢・嘔吐で急激に衰弱します。仔猫の感染例では、完治した場合も脳に異常が残ることも。
猫白血病 いわゆる白血病(免疫不全)の状態になるため、些細な病原体に感染しやすくなります。初期には口内炎や軽度の発熱がみられる程度ですが、次第に衰弱し、様々な症状がでてきます。感染から数年で死亡することがほとんどです。
猫クラミジア症 結膜炎や呼吸器症状(鼻汁や咳・くしゃみ)が見られます。重症化すると肺炎を起こすし命にかかわることも。

 

■飼育環境と接種すべき混合ワクチン

【3種混合ワクチン】

最もスタンダードなワクチン(コアワクチンと呼ばれている)です。

「猫ウイルス性鼻気管炎」はくしゃみで簡単にうつる疾患です。また、「猫汎白血球減少症」「猫カリシウイルス感染症」は、ウイルスの感染性が高く、直接他の猫との接触がなくても飼い主さんの靴や持ち物についているだけでも危険です。全ての猫が、接種しておいた方が良いワクチンと考えられています。

したがって、最も安全な飼育環境である「完全室内飼育」かつ「単独飼育」の猫におすすめのワクチンです。

【5種混合ワクチン】

「猫白血病」「猫クラミジア」はそれほど感染力が高くなく、猫同士のケンカや交尾といった濃厚接触がないと感染しません。したがって、「外飼い」あるいは「ペットホテル・ペットサロン利用」などで複数の猫と接触する可能性がある場合には、推奨されているワクチンです。

■それぞれのワクチンの接種料金

3種混合ワクチン 1回につき3,000~5,000円(初回導入3回で約1万円前後)
5種混合ワクチン 1回につき5,000~7,000円(初回導入3回で1.5~2万円)

上記の料金は、おおよその目安にしてください。

※私の知っている動物病院も全てこの範囲に入る価格設定をしています。動物の診療は全て自費(自由)診療のため、病院によって価格設定はさまざまです。しかしながら、暗黙の了解での目安というものが設定されていて、ワクチン料金についてはどの病院もそれほど差がありません。

診療技術についても、ワクチン接種は“新米獣医師”の仕事と言われるくらい簡便です。ただし、万が一にも、副作用が出た場合の対応(治療)は獣医師の経験が問われるかと思います。なるべく信頼できる獣医師のいる動物病院で実施してくださいね。

 

ワクチンの接種時期や回数と効果について

ここまでの説明で、飼い猫にワクチン接種をするべきだと判断された場合は、続いて接種時期や効果について気になりますよね。犬や猫のワクチン接種のタイミング等は、「世界小動物獣医師会」のガイドラインに則っておこなわれることが推奨されています。

日本の動物病院でも、一般的に下記のタイミングを推奨されると思います。

■混合ワクチンの初回接種(導入)時期と回数

混合ワクチンは疾患を予防するためのものです。そのため、なるべく早く接種すべきだというのが現在の考え方です。

日本の動物愛護法では、生後8週(56日)までは母猫(犬)から子猫(犬)を離して譲渡販売をすることは禁止されています。(参考:動物愛護管理法2017改訂)

そのため、ペットショップ等で子猫を譲り受けた時点では、少なくとも9週齢くらいにはなっているでしょう。

12週齢までは母猫の母乳に含まれる免疫にある程度守られているため、9~12週齢の間に初回のワクチン接種を受けるのがベストと考えます。

ただし、9~12週齢前後では一部の子猫においてまだ母猫の免疫に守られていることがあります。この場合、ワクチンの効果が減少してしまう(抗体がつくられない)ため、初回から4週間後(13~16週齢)に2回目のワクチン接種を受ける必要があります。さらに、初回接種が9、10週齢の場合は、2回目から4週間後(17~18週齢)に3回目のワクチン接種をすすめられるかと思います。

※生後16週齢(4か月齢)以上のワクチン未接種の子猫を譲り受けた場合などは、4週間隔で2回ワクチン接種を受けることで十分な免疫がつくと考えられています。

■混合ワクチンの追加接種時期と効果

仔猫の時期にワクチンの導入が完了している場合は、1年後に再度追加接種をすることをおすすめします。

その後は、「1年おき」と「3年おき」のいずれかを推奨する獣医師がいます。日本の動物病院では原則「1年おき」をすすめられる場合がほとんどでしょう。ただし、最新の海外研究では最もスタンダードな「3種混合ワクチン」の効果は3年程度持続することが報告されており、「3年おき」でも十分だとする意見もあるようです。

私の個人的な意見としては、感染リスクの高くない室内での単独飼育の場合は「3年おき」で良いと考えています。理由はワクチンや医薬品には「効果」だけではなく、必ず「副作用のリスク」というものがあるからです。ワクチンの副作用については次章で説明します。

 

ワクチンの副作用には、どういったものがある?

最後に、猫のワクチン接種による副作用についてお話したいと思います。

アナフィラキシー(アレルギー症状)

ワクチン製造時に混入する添加物などが原因となって、アレルギー症状を呈することがあります。接種後、数分以内で発症することがほとんどで「アナフィラキシー(急性アレルギー)」に分類されます。24~48時間は全身性の症状が続き、ショック状態に陥ると命に関わります。強い免疫抑制剤を複数回投与する必要があり、入院することになるでしょう。

※ワクチンによるアナフィラキシー発症率は、0.01%といわれています。1万匹に1匹(1万回に1回)の割合ということですね。1回目の接種時は問題なくても、2回目でアナフィラキシーを発症することもあるので、生涯のワクチン接種回数はなるべく少ない方が「確率」がさがります。

肉腫(FISS:猫注射部位肉腫)

猫で心配されている副作用で、ワクチン接種部位に新生物(肉腫・がん)が発生することがまれにあります。

原因ははっきりとわかっていませんが、①注射による周辺組織の炎症反応、②ワクチンに含まれる添加物の影響などが考えられています。

※一定の割合で肉腫の発生リスクがあることから、ワクチン接種部位は従来の「背中」から「肢先」や「尻尾」などに変わってきています。

腎機能障害(腎不全)

新しい報告でまだ詳細は明らかではないですが、ワクチン接種回数が多い猫で「腎機能障害(腎不全)」の発症率が高かったという報告があります。

もともと猫は腎機能障害をおこしやすい動物ですので、ワクチンとの関連性が明確になるかはわかりませんが、獣医師としても今後の研究報告には注目したいと思います。

 

【猫のワクチン】適切な接種方法まとめ

猫のワクチンには、一般的に「3種混合ワクチン」と「5種混合ワクチン」があることがわかりました。いずれも「義務」ではなく飼い主さんの「任意」で接種するものです。

大切な飼い猫の疾患予防のためですので、飼育環境に合わせて適切なワクチンを選び、なるべく接種させてあげるように計画しましょう。

ワクチンはもちろん大切な病気予防の1つですが、免疫力を高めるための食事や運動など、他にも工夫してあげてくださいね。

このサイトでは猫の健康を考慮したキャットフードの選び方についても解説していますので、併せてご覧いただけますと幸いです。

猫と病気
おすすめキャットフードランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です