日本の会社でないと知って驚く人も多いシーバ!シーバの魅力徹底解析

 

日本で独自に開発されたと考える人が多いほど日本では愛用者が多いシーバですが、実はチョコレートや他の製品でも有名なマースという米国ブランドを母体とした多角企業なのは知っているひとは少ないかと思います。

キャットフードでは50年代に英国のペットフード会社を買収したことから始まりました。ペディグリーチャムなどの会社と一緒の会社というと驚く方も多いと思います。ここでは日本では絶大なる人気のシーバの特徴やメリットを紹介していきます。初めて知る方にもおすすめのキャットフードです

シーバとは

シーバとはキャットフードのブランドですが、その母体となる会社は元々はチョコレートを作る米国の小さい会社から始まりました。上記でも述べたように、マースという会社が様々な分野の企業を買収し、生まれたのがシーバなのです。
買収の際にそれまでの会社のデータや経験なども引き継いでいるため、マース自体のキャットフード産業は比較的新しい会社ですが、その実績はかなり高く、日本でも人気のある商品ばかりです

シーバはその国独自の特色をよく再現している

シーバの特色は、「その国の味を生かしつつ、猫のニーズに合わせる」ということが有名です。例えば、日本でしたらアメリカなどでは猫に大人気のナゲットを、そのまま味だけ日本の猫の好みに合わせて変えて販売しています。とくに、「香りのまぐろ風味4種類」などは猫に絶大なる人気があります。

日本独自の味の種類と贅沢キャットフードという位置

シーバのキャットフードの特徴は、何と言っても、日本独自の商品のラインナップで販売されているというところです。海外資本のキャットフードでは、日本の猫の好み用に変化させて売るまでの資本力やデータがないキャットフード会社も多いのですが、シーバは長年日本で活躍してきた老舗のキャットフード会社のため、日本の猫独自の味の好みを追求し、進化してきました。
また、シーバ独自の開発により、日本ではまだ猫のおやつという観念が無い時からいち早く、キャットトリートという贅沢キャットフードの位置を確立してきたブランドでもあります
CMなどでも、昭和後期などから「高級キャットフード=シーバ」という認識が盛んに流れてきました。そのため、20代から30代の人には親しみのある日本のブランドとして誤認している人も多いかと思います。

参考文献:シーバ日本公式サイトhttp://sheba.jp/product/melty/

猫にどのような影響を与えるのか

実際にシーバのキャットフードは猫にどのような影響を与えるのでしょうか。

シーバを購入する5つのメリット

1. キャットフード(ウェットタイプ、ドライタイプ、メルティータイプなど)種類の多さ
最近では、様々な素材にこだわったキャットフードができてきました。その分、味も均一化するようになり、猫の中には味が気に入らずにせっかくキャットフードを購入しても食べずに終わる猫も多くいました。


しかし、シーバは豊富な味の種類を揃えていますので、猫が万が一その味を気に入らなくてもシーバのコレクション内で他の味を選ぶことができます。その味も、日本の猫が好みやすい味のラインナップになっていますので、猫の食い付きが良く、猫のおやつもシーバにしたいという時にも最適です。
また、猫の嚥下の状態によっても、ウェット、ドライ、メルティーと3段階に分けて選べますし、シニアになっても同じ味のままキャットフードの硬さだけ選べますので、一生を通して食べられることもメリットです。

2.おやつは色々な味のお試しができるため、飼い主も嬉しい
他の製品と違い、シーバはおやつに4種類入っているコレクションが多く見られます。私たち飼い主は飼い猫がどの味が好きなのか分かりにくいため、まずおやつの味で猫の好みを知ることもできます。
実はこの好みを知るというのはとても大事なことで、長年飼っている猫などの愛用キャットフードの会社がつぶれたり、日本へ販売しなくなった場合などは、今まで与えていた飼い主にも大変負担を与えるものです。そのため、おやつで先に猫の好みを知り、キャットフード購入の目安にするのは大変なメリットになります。そうでないと、高い金額のキャットフードでも一切見向きもせずに、他にあげるか最悪の場合には捨ててしまうことも考えられるからです。

3. 原材料の品質の割にローコストに仕上がっている
原材料は日本の魚類を多く使用していますので、その品質はかなり保証されています。また、その魚などの品質の割には、他の外国製品のキャットフードと比べても割安で購入できるのがメリットです。
母体となる会社が大きいため、コストをかなり下げられるのも大きなメリットの一つです。他の小さな会社では中々ローコストにはできにくいですが、シーバはウェルネスや他のキャットフードやドッグフード会社も経営しているため、品質の割に値段を下げられる仕組みになっています。
*水銀のことがかなり頻繁に報道されていますが、健康な猫ならばそこまで心配することもない量です。

4.噛み心地も考えられている
今のキャットフードの主流は、小さい粒状や平たい形状が人気です。しかし、猫は好奇心が旺盛なので、そのままでは飽きてしまう猫も多いです。その点、シーバは粒状のドライフードの中に、ナゲット状の中身がウェットの物も混ぜ込み、食感が変化するようになっています。

5.どこの販売店でも気軽に購入できる
シーバは品質に厳しいですが、流通が他のキャットフードよりも優れているため、コンビニやドラッグストアでも気軽に購入できます。最近では、原材料は新鮮な方が良いと、日持ちがしない製品が多くなってきていますが、忙しい人には大変助かるシーバの製品です。

参考文献:シーバ公式日本サイトhttp://sheba.jp/product/melty/

シーバの3つのデメリット

1. 最近の人気である生の原材料を使用していない
安易にどこでも購入できる分、今人気の原材料を生のままコールドプレスしている製法は痛みやすいため、しっかりと一回調理された原材料が使用されています。できるだけキャットフードでも生を食べさせたい!というポリシーの飼い主の方にはそれが物足りないようです

2.小売りで購入できるが、かさばる
様々な種類があり、量販店でも購入できるため、量自体は少なくなっています。そのため、都市に住んでいて車を持っていない人には便利なのですが、郊外に住んでいる人で大量買いしたい人には、いっぺんに購入するとかさばってしまいます。

3. 高級志向のキャットフードはお値段も割高になっている
シーバは、高級志向向けの製品も売り出されています。品質はもちろんのこと、栄養学などもしっかりと取り入れられており、その品質は保証されていますが、やはり他の製品よりは少し割高になってしまいます。飼い猫がそれでも好んで食べてくれるならば良いのですが、試しに購入して食べてくれないと、がっかり感は他の製品よりも大きくなります。

シーバの口コミ

実際に、日本やアメリカでシーバを与えている飼い主の方にはどのような評価をされているのか見てみましょう。

日本

高評価

“シーバデュオ(いわゆる箱)を、以前からご褒美おやつとして愛用していました。総合栄養食なので、うっかりあげすぎてもいいかなーくらいの感じです。今回、こちらのちょっとお手軽な値段のものを見つけたので、買ってみました。デュオのカリカリ中がクリーミーが少し+一見普通の小さ目カリカリです。
初めてあげたときは「なんか知ってる匂いの気がする?」みたいな感じで恐る恐る口に入れた後、すぐがっつきました。やはりシーバ、喰い付きが半端ないです。”

このえさは柔らかくて食べやすいみたいで、老描は特にねだります
普段は老描以外は堅いえさですが、このおやつは子猫も中堅猫も喜んで食べます。
そのため、飽きないように何種類も買うわけですが、いずれも喜んでくれます。”

参考文献:アマゾン日本

低評価

匂いがキツイ臭すぎる。酸化したような強烈に酸っぱい匂いがする。カナガンに近い臭さ。
箱のシーバと全く別物でガッカリしました。”

袋から11歳以上の標記が消えましたね。味か中身のクリーミー粒の混入割合が変わったとしか思えません。ずっと愛用し、我が家の猫が唯一食いつきの良い商品だったので残念です。何かヒントもらえると嬉しいのですが。”

参考文献:アマゾン日本

海外(米国)

*米国では、シーバはドライフードは生産されておらず、ウェットフードかおやつが主流なので、評価は日本と違いウェットフードのものです。

高評価

“They LOVE this, both the pate and the cuts but seem to prefer the cuts. They no longer get dry food at all both because of their age, teeth, and because the oldest is starting to have kidney trouble and wet food I feel is best.(訳:うちの猫はこのキャットフードが大好きです。ウェットフードの柔らかさと原材料の程よい大きさにほぐしてあるのが良いのだと思います。猫も歳を取ると腎臓や葉が悪くなってくるので(うちの猫は2匹とも15歳と16歳の高齢猫です)、このフードが最適だと思っています。)”

“These came today and were not too hot from delivery in the warm temps! My kitten absolutely loves these Sheba variety packs and I love them because they are perfect portion sized.(訳:うちの猫はシーバのバラエティパックが大好きです。シーバのバラエティパックは完璧なタンパク質の量が一缶の中に含まれています。)”

参考文献サイト:アマゾン米国

 

低評価

“My cat loves this brand but hates salmon flavor! Tried to give to my mom, and her cat hated that flavor too! Would love if this case had no salmon. Will not be ordering again.(訳:うちの猫はこのブランドが好きなのですが、サーモンの味だけはだめです。なので、サーモン味はもう頼みません!)”

“My picky kitty likes the Tuna, but won’t touch the Salmon or white Fish & Tuna combination. I may permanently add the Tuna only flavor to his inexpensive wet food rotation..(訳:うちの猫はツナ味が好きですが、他のサーモンや白魚は受け付けません。私は永久的にツナを彼らのウェットフードのローテに風味として香りづけに入れなければなりません。)”

参考文献サイト:アマゾン米国

 

まとめ

シーバは、日本の製品と思っていらっしゃる方も多いですがアメリカ発祥のペットフードのブランドです。

様々な会社を合併吸収してできた会社なので、そのデータや資金力は大きく、コストダウンなどに生かされています。また、日本の猫の味の好みも研究対象に入っているため、米国でも日本でもあまり食べない、毛嫌いするような猫が居ないことが特徴的です

 

おすすめキャットフードランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です