どうして食べない?食いつきが悪い猫の特徴【痩せている猫の健康リスクや対策も】

飼い猫の約半数が肥満気味というデータがある一方で、飼い猫がなかなかキャットフードを食べてくれず困っている飼い主さんもいらっしゃると思います。

食いつきが悪く、痩せ気味の猫にはどういった特徴があるのでしょうか。
特徴を知り適切な対策をとることで、痩せすぎによる健康リスクを予防しましょう。
食いつきをよくするおすすめのキャットフードの与え方や、少量で栄養価の高い痩せ気味の猫におすすめのキャットフードを紹介します。

猫が痩せる4つの理由

獣医師として時に痩せ気味の猫を見かけることがあります。

痩せているの猫の中には、しっかり食べているのに病気によって体重が増えない猫、もっと食べたいけれど多頭飼育で他の食いしん坊の猫にフードを横取りされてしまっている猫など理由は様々です。
その中でも、食いつきが良くなくフードにあまり興味を示さない猫の場合は、最も対策が難しいです。

「飼い猫が少し痩せてきたようだ」と悩んでいる飼い主さんは、まず「なぜ痩せてきたのか」という正しい原因を知ることが大切です。

ここでは、猫が痩せる理由とそれぞれの特徴を4つ紹介したいと思います。

 

目がギラギラして活動的な猫「甲状腺機能亢進症かも?」

猫が痩せていく場合、実は結構多い理由が「甲状腺機能亢進症」によって代謝が上がりすぎてしまっている状態です。

しっかりと食べているのに痩せてきた、という場合は一度動物病院で検査をうけることをお勧めします
「甲状腺機能亢進症」の猫は、活動的で目がやや突出しギラギラと輝いています。また飲水量がものすごく多いという特徴もあります。知らない人が家に来ると、威嚇するなど気が立っていることも多く、獣医師の間では「シャーシャー猫」と呼んでいたりもします。

とにかく診察しようと迂闊に手を出すと、がぶっとされたり引っかかれたり、大暴れされてることが多いのです。

少し話がそれましたが、そのような病気によって(病気ではなく性格の場合もあるが)活動的な状態になっている猫は、きちんと食べているのに体重が減っていきます。

この場合、栄養価の高いフードに変えるなどといった対策は無効で、病院でホルモン治療を受けるなど適切な対応が必要です。

☆甲状腺機能亢進症の見分けポイント【食べているのに痩せていく・多飲多尿・目がギラギラして活動的】

 

食事だけでなく飲水量も少ない猫「消化管トラブルが原因かも?」

猫も、下痢や便秘、嘔吐でお腹が痛い場合は、不快に感じると食欲が低下します。
子猫の場合は数日、成猫の場合は1週間ほど様子をみて、食欲が戻らず痩せてきた場合は動物病院で消化管の状態を確認してもらうことをおすすめします。

下痢や嘔吐は、感染症が原因の場合もあれば、消化不良が原因の場合もあります。消化不良を起こしている場合は、アレルギー源の少ないフードへの切り替えなどを考える必要があります

また猫は骨盤が狭く、飲水量も少ないため便秘になりやすい動物です。便秘によってお腹が痛く食欲が落ちている場合は、便通をよくする効果があるフードに切り替えるなど工夫をしましょう。

なお、消化管トラブルのほかにも口腔内トラブル(歯肉炎や口腔がん)などで痛みや違和感があり、食事が摂取できない場合もあります。

やはり食欲が落ちて何らかのトラブルが想定される場合は動物病院を受診してください。

☆消化管トラブルの見分けポイント【お腹を丸めた態勢をとる・下痢、便秘、嘔吐などの症状・食事だけでなく水もあまり飲まない】

 

多頭飼育で同居猫より体が小さい「フードが横取りされているかも?」

多頭飼育の場合に最も多いのは、フードを他の猫に横取りされてしまっているケースです。

同居猫の中に、肥満気味で体の大きな猫がいる場合はとくに可能性が高いです。食事を同じ場所で与えるのをやめ、完食するまでなるべく見守るようにしましょう。

お留守番の時間が長い場合などは思い切って、他の同居猫から完全に隔離してしまうのも一つです。痩せてしまうことも問題ですが、他の同居猫の肥満も問題です。

フードはそれぞれの猫に適切な量を与えるよう工夫をしましょう

☆飼育環境トラブルの見分けポイント【多頭飼育・同居猫の中に肥満気味の猫がいる・体が小さい】

 

フードを与えても匂いだけ嗅いで食べない「フードに飽きたグルメ猫?」

最後は、最も対策が難しい「グルメ猫」になってしまった場合です。

猫は犬などに比べると味覚が発達しており、フードに対する拘りが強いです。実際、ドッグフードよりキャットフードの方が繊細な味付けがされており、我々人間の味覚に近いとも言われています。

そのため、毎日同じフードを与えていると飽きて食べなくなったり、一度缶詰やおやつなどの味が濃く嗜好性の高いものを食べさせると他のフードを食べなくなったりといった状態になってしまうことが比較的よくあります。

このような「グルメ猫」になってしまった場合は、お腹が空いて仕方なく食べるまで根気よく待つというのも一つの手です。
しかし、動物ウェルフェア(福祉)という観点では、それぞれの嗜好に合わせて、ストレスをなるべく軽減した環境で育ててあげることも大切です。フードを数種類用意してローテーションで与えたり、ドライフードにウェットフードを混ぜて好みの味付けにしつつ栄養も考えるといった工夫をしてあげることをおすすめします。

グルメ猫以外にも、夏の高温期に食欲が落ちる場合もあります。

夏バテ気味の時なども、グルメ猫と同様にフードを工夫すると良いでしょう。

☆グルメ猫の見分けポイント【匂いは嗅ぐけれど口にしない・毎日同じフードを与えてきた・最近おやつなどを与え始めた】

 

痩せている・食べないことによる健康リスクは?

上記のように、様々な理由で痩せてしまう場合がある猫ですが、いずれの場合も対策をとる必要があるということをお伝えしました。

肥満よりは痩せている方が良いと考えられがちですが、実は痩せていることによる健康リスクというのもあります。ここからは、実際に痩せていることによる健康面への影響について考えていきましょう。

痩せている猫の病気リスクについて、実例をもとにまとめたいと思います。

免疫力の低下で猫風邪を発症

<相談①>オス・2歳・室内飼育
2歳になってすぐのオス猫です。
実家で両親と同居することになり、自分が会社に行っている間に、母が猫に歯石予防のためのおやつを与えていたようです。その数日後から、普段与えているドライフードを食べなくなってしまいました。
母におやつを与えるのをやめてもらい、フードをしっかり食べるようになるのを待っていた矢先に風邪をひいてぐったりしていると連れられてきました。

このように、おやつなどこれまでのフードと違う味のものを与えたことをきっかけに、普段のフードを食べなくなるというのもよくあるパターンです。
猫の味覚はたいてい生後3か月くらいまでに決まると言われています。おやつ欲しさにフードをボイコットしていたとしても、お腹がすけば元通り食べる場合がほとんどです。

しかし、この数日~1週間くらいの期間に食事量低下によって体調を崩してしまうことがあります
子猫の場合は、致命傷にもなりかねないので少しでも食べてもらえるよう飼い主としてフードを工夫する必要があると言えます。

こちらの猫の場合は、免疫力低下により猫風邪になってしまいました。その結果、熱で体がぐったりとし食欲がさらに低下してしまうという悪循環に陥ってしまいました。
猫風邪は通常1週間程度で回復しますが、回復が遅れたうえに混合感染により悪化してしまいました。

免疫力の低下はさまざまな疾患に罹患する確率が高くなるため、命に関わるような状態になることもあり注意が必要です。

 

食欲低下に伴う飲水量減少で脱水状態に

<相談②>オス・5歳・室内飼育・多頭(2匹)飼育
毎年夏はエアコンをつけていましたが、今年8月にエアコンが壊れたため1週間近く暑いところで生活してもらいました。
すると夏バテで食欲がみるみる低下し、エアコンを新調した後も食欲が回復せずぐったりしています。

上記のように、夏バテで食欲が低下し体調を壊す猫は多いですね。

こちらのお家では、同居猫は高温でも全くバテず食欲旺盛だったようですが、もう1匹がダウンしてしまいました。病院に来た時にはひどい脱水状態でした。

猫はのどの渇きに鈍感で、犬のようにこまめに自分で水を飲みに来たりしません。大抵は食事に含まれる水分と、食事の際に水を一緒に少し飲むくらいです。
そのため、フードを食べなくなるということは、水分摂取もできていないということにつながります

猫が食べなくなった時には、フードをたべさせることだけではなく、飲水についても気にかけるようにしましょう

 

食いつきが悪くなった猫におすすめのキャットフード【高栄養ウェットフード活用法】

食いつきが悪く、痩せすぎの猫にフードをしっかりと与えることはなかなか難しい問題です。無理やり口に入れてたべさせるわけにはいきませんからね。

しかし、飼い主として何とかフードを工夫して食べるようにしないと、脱水や免疫力低下などのリスクがあることもお判りいただけたかと思います。

そこで、一般的に食いつきが良いとされているウェットフードの上手な活用方法をご紹介したいと思います。

ウェットフード活用法

ウェットフードは、ドライフードに比べてコストはかかりますが、水分量が多く、炭水化物がほとんど含まれていないため猫にとって非常に消化効率のよいフードになります。風味も豊かで、食欲が低下している時にはうまく活用できると良いでしょう。

活用方法としては、
①1日1食の場合は、夜にドライフードにウェットフードを混ぜるか、ウェットフードのみで与えてみましょう。
②1日2食の場合は、朝ドライフードを与えて、夜にウェットフードを与えるとよいでしょう。
ウェットフードは、すぐに食べないと劣化がすすんでしまいます。

とくに夏場は腐敗して虫がわくなど、飼育環境が悪化する原因になるため絶対にウェットフードの置きエサはしないようにしてください。日中外出される方は、夜にウェットフードを与えるようにしましょう。

おすすめの高栄養ウェットフード3選

ウェットフードは、さまざまなメーカーから多くの種類が販売されています。

ここでは、総合栄養食として猫に必要な栄養成分が十分に含まれているものの中から、無添加で、高タンパク質、および炭水化物が含まれていない(あるいはほとんど含まれていない)栄養価の高いおすすめのウェットフードをご紹介したいと思います。

 

【ニュートロ デイリーディッシュ】

  • 原材料(チキン味):チキン、肉類エキス、フィッシュオイル、ビタミン・ミネラル・アミノ酸類、増粘安定剤
  • 粗たんぱく質:12%、水分:78%

おすすめポイント:素材にこだわっているニュートロが出しているウェット製品です。炭水化物が一切含まれておらず、たんぱく質と水分がメインのウェットフードです。同じニュートロのドライフードと組み合わせて与えることができる点が特におすすめです。

 

【アイシア 黒缶】

  • 原材料(ささみ入りまぐろとかつお):魚介類、鶏ささみ、オリゴ糖、ミネラル・ビタミン類
  • 粗たんぱく質:13.5%、水分:82%

おすすめポイント:魚と肉を両方含んだ贅沢なウェットフードで、たんぱく質と水分の含有量が高いのが特徴です。もちろん炭水化物は含まれていません。大きめの猫缶があるため、多頭飼育の方にもおすすめです。

 

【イタリア産(ファンタジーワールド) シシア】

  • 原材料(チキンフィレ):チキン、米、ビタミン・ミネラル類
  • 粗たんぱく質:10.5 %、水分:86%

おすすめポイント:自然飼育されたチキンを51%含んでおり、スープ仕立てのため水分含量も多い製品です。米が含まれていますが、含有率は約1%程度でほとんど無視できるものです。とにかく味と食べやすさに拘っているため、固形タイプの缶詰もなかなか食べないという場合に試してみると良いかもしれません

 

【痩せている・食べない猫】原因と健康リスクを知って適切な対策を!

大切な猫が、痩せてくると心配ですよね。

しっかりと食べているのに痩せる場合や、食欲低下以外にも体調不良が見られる場合は、動物病院で原因を究明し適切な治療を受けるようにしましょう。

一方、とくに体調不良はみられないにも関わらず食欲が落ちてきた場合は、嗜好性の問題や、夏バテによる食欲低下が原因である可能性が高いです。
猫の場合は、気まぐれで食べないという場合もありますのでしばらく様子をみつつ、栄養不足による免疫力の低下や水分補給には十分に注意しましょう

数日~1週間程度食欲が回復しない場合は、健康のことを考え、いつものドライフードにウェットフードを混ぜて与えるなど工夫してみることをおすすめします。

当サイトでおすすめのキャットフードは以下でも詳しく解説していますので、併せてごらん頂けますと幸いです。

おすすめキャットフードランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です