キャットフードジャガー口コミ体験談 本格志向のフードですが好みはネコそれぞれ

  •   
  •   
  • キャットフードジャガー口コミ体験談 本格志向のフードですが好みはネコそれぞれ

近所で保護されたオスとメスの兄妹ねこ2匹を、2015年7月に我が家へ迎えました。

当時は、生後2ヶ月ほどで、体重は1kgにも満たない状態でした。栄養状態が悪く、いまにも消えてしまいそうに小さかった彼らですが、我が家ですくすくと大きくなり、今や5kgと6kgの立派な成猫に成長しました。

食欲旺盛!我が家の兄妹ねこ

1匹目は、茶トラのなつめちゃん。茶トラには珍しいメスです。性格はとにかく甘えん坊。飼い主がテレビを観ていたらテレビの前に、パソコンで仕事をしていたらキーボードの上に。常に注目を浴びていたいお嬢様気質な子です。
もう1匹は、黒が多めの白黒ねこ、矢三郎くんです。彼はなつめちゃんとは正反対で、甘えるのが苦手。いつも一人で、高いところから家族を見守ってくれています。外で暮らしていた小さいころ、人間がトラウマになるような出来事があったのかもしれず、来客はもちろん、飼い主たちからもむやみになでられることを嫌がります。ゆっくりゆっくり、仲良くなろうと思っています

そんな2匹ですが、生まれたときから離れたことがないからか、本当に仲良しです。

必ずくっついて寝るし、けんかをしているところなんてみたことがありません。2匹ともいたって健康ですが、少し肥満気味なのが悩み。食欲旺盛で、ご飯を残したことは一度もありません。

おしゃれなパッケージの上質なフード

適量で満足できる上質なフードを探していた

まだ若いので健康ですが、これからもずっと健康でいてほしいので、穀物でかさ増ししている安いフードを与えることをやめようと考えていました。獣医さんから、これ以上体重を増やさないようにというお達しをいただいているのに、ご飯を欲しがる頻度が高く、満足するまで食べ続けるので、なかなか痩せることができなかったのも悩みでした。食べすぎて吐くことも多かったので、適量で満腹感を得られるフードを探していました

そんな中、さまざまなキャットフードを検討していたところ、イギリス発のドライフード、「ジャガー」を見つけました。穀物は一切使用しておらず、動物性たんぱく質の割合がなんと80%以上原材料は骨抜きチキン生肉、鴨生肉、生サーモンなど、人間から見ても美味しそうです。今までこんなに上質なフードを与えたことはありませんでしたが、かわいいねこたちの健康のためですから、思い切って試してみることにしました。

ジャガーの購入方法

ジャガーは、専用サイト(https://www.jaguarcatfood.jp/cart)から注文することができます。写真がきれいで、デザインがおしゃれなサイトですね!生産者のフードへの思いがたっぷり語られていて、期待が膨らみます。

このサイトでの購入方法には、通常購入と定期コースがあります。通常購入なら1袋1.5kgあたり4,280円のところ、定期コースなら1袋3,852円で購入できます(いずれも税別)。さらに、いずれの場合も合計金額が7,000円以上、つまり2袋以上買えば割引が適用されます。3個以上で送料が無料になるので、まとめ買いするほど割安になります。定期コースはお届け周期を選べるので、ご自宅のねこの頭数、年齢、体重などを考慮してなくなったころに届けてもらえるのもありがたいポイントですね。

注文方法は、とても簡単です。飼い主の情報(名前、住所、電話番号、メールアドレス)、お届け先、配達方法、配達時間、支払い情報を入力するだけです。すべての国際クレジットカードブランドを使用できます。定期コースご希望の方は、初回のお届け日と周期も忘れずに。不在がちで宅配ボックスもない方は、曜日ごとのお届けもおすすめです。確認メールが届けば注文完了。あとは到着を待つだけです。

ちなみに、amazonでは送料込みで5,250円とジャガーのサイトより少し割高でした。ですので、サイトから注文するのがお得ですね。まとめ買いする方ならなおさらです。
なお、新鮮さを保つため、ペットショップなどには置いておらず、ネット販売のみ行っているとのことです。

食いつき良好!食後の嘔吐もなし!でも…

工夫されたパッケージに独特の香り

到着したフードは、サイトに掲載されていたイメージと変わりなく、とても洗練されたデザインでした。袋の裏には、サイトと同じ原材料もきちんと書かれています。


パッケージにも工夫が施されています。通常のジッパーとは違い、マジックテープ構造になっています。これは、風味を損なわないための工夫なのだそうです。くっつけるだけで開け閉めができ、楽なので、飼い主にとっても嬉しいポイントでした。

肝心のフードについては、袋を開けた途端、いつものものとは違う独特の香りがしたことに少し驚きました。「嫌がらないかなぁ」と少し心配しましたが、まったくの杞憂でした。「早くくれー!」と言わんばかりにぐいぐい近づいてくるので、写真を撮る隙がないほどです。強い香りの正体は、原材料そのものの香りで、なんと、人工の香料は一切使用していないとのこと。チキンやサーモンの香りは、ねこにとってすごくいい匂いなのでしょう。


いつものフードは薄い緑やオレンジの粒が混じっていますが、ジャガーは黒っぽい粒一色。これも、人口の着色料を使ってないためなのだとか。人間にとっては、色鮮やかな食べ物は美味しそうと感じられますが、よく考えてみればねこにとっては必要ないですよね。

いざ試食!食後の様子に大満足

うちのねこたちの体重は5kgと6kgなので、30gずつ与えます(最初は元のフードに少しずつ混ぜて与えました)。
2匹とも、あっという間に完食し、まだまだ物欲しそうにしています。しかし、たんぱく質40%、脂質20%で、カロリーも比較的高いフードなので、与えすぎるとさらに太ってしまうおそれもあります。ここは甘やかさず、ぐっと抑えることに。

しかし、もうもらえないことがわかると、比較的すぐに諦めて食後の毛づくろいを始めました。いつもなら家事や仕事の邪魔をしてまで「ご飯くれ」攻撃を続けるのに、です。やはり、豊富な動物性たんぱく質が満足感を与えてくれたのでしょうか。
2匹とも食べるのを急ぎすぎて吐いてしまうことが多かったのですが、ジャガーをあげたときは一度も吐かなかったのも嬉しいポイントでした。おそらく、穀物が含まれるフードはお腹の中で膨張するので、苦しくなって吐いてしまっていたのでしょう。

順調に食べ続けていましたが…

さて、5日ほど与え続けたある日。いつもフードを収納している棚を開けた途端お皿まで一目散に走っていくなつめちゃん(茶トラ)ですが、ジャガーを取り出しても動こうとしません。お皿に入れても、あまり気がすすまない様子。一方の矢三郎(白黒)は、パクパクと食べ、あっという間に完食し、なつめちゃんのお皿にまで手を伸ばしています。


食欲が取り柄な彼女に一体何が!?と、病気まで疑ったのですが、別のフードを与えるとすぐに完食。大好きなウェットフードも当然のように完食しました。どうやら、食欲の問題ではなくフードがお気に召さなかったようです…。今までいろんなフードを試しましたが、このように食べなかったことはなかったので、少し驚きました。とりあえず、病気じゃなくてよかったですが…。

本格志向のフード、好みはねこそれぞれ

洗練されたパッケージと、風味を損なわない工夫。こだわり抜いた原材料、そして、人工の保存料、調味料、着色料は一切使用していないこだわり。人間の鼻には強い香りを感じますが、自然そのものの香りなので安心して与えられるフードです。本物志向の方なら、満足すること間違いありません。
しかし、ねこによっては好みがあるかもしれません。定期コースは割安ですが、まずは1袋試してみることをおすすめします。

おすすめのキャットフードは以下でも詳しく解説しています。あわせてご覧いただけますと幸いです。

おすすめキャットフードランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です