ネコは植物性の食材を食べるのか?

ネコの食事

ネコはネズミを駆除することから肉食性のイメージが強いです。

では、植物性のものは食べないのでしょうか?

猫が肉食性である理由

ネコがネズミを駆除する目的で家庭のペットとして飼われるようになった経緯や金魚鉢の金魚を狙うことからも分かるように、同じペットとして飼われているイヌに比べるとネコの動物性の食性はより強いと言うことが出来ます。

すなわち、穀類に含まれるデンプンなどの炭水化物を食べる習性は無く、炭水化物を分解する能力もイヌよりは数段落ちます。

炭水化物は満腹感を得るために食べないことはありませんが、栄養学的な必要性と言うのは希薄なようです。

また、ネコの舌は甘みを感じることが無く、人が食べているお菓子を食べても美味しいわけではありません。

イヌは人が食べている食事や菓子類を一度でも口にするとその経験がインプットされて、人が物を食べる度に欲しがるようになります。

しかしながら、甘みを感じることの無いネコは人の食べる物に強い興味を示すことはありません。

ネコは体を動かすためのエネルギーとして必要な糖分を入手するために、タンパク質を分解した時に得られるアミノ酸を利用して糖分を合成する能力が高くなっています。

言い換えれば、肉だけ食べていれば体を構成する器官や筋肉を造りだすだけでなく、動かすためのエネルギーも入手することが出来ると言いうわけです。

 

ネコは植物の葉や茎を食べない

また、人間がビタミン・ミネラル、アミノ酸、食物繊維の必要性から野菜を食べるのとは異なり、ネコは植物の葉や茎といった食材を栄養学的に欲することはありません。

ネコやイヌが草を食べるのは、基本的には毛繕いをしたときに喉に入ってしまってできる毛玉や食べてはいけないものを吐き出すために食べることを本能で理解しています。

イヌは散歩をしているときに公園や道端に生えている草を食べようとすることを良く見かけますが、大抵は飼い主がリードを引っ張って食べさせないようにしています。

道端に生えているような雑草は農薬が散布されていることがあるため、下手に口にすると大変なことになる可能性があるからです。

イヌは特に好みの草があるわけではありませんので、臭いを嗅いでキツイ匂いのしない草ならば大抵のものは口にするようです。

 

ネコは猫草は食べる

ネコはというとあまり草を食べている姿を目にすることはありませんが、イヌと同じで毛玉や異物を吐き出すために草を口にする習性はあるそうです。

しかし、イヌと違って好みがあるらしく、背の低いイネ科の植物の葉を好んで口にする習性があります。

これらの草を総称して「猫草」と呼ばれることもあり、ペットショップやホームセンターに行くと小さな植木鉢に植えられているものや栽培キットが販売されているのを見かけることが出来ます。

市販されている猫草は燕麦を発芽させた若芽を鉢植えにしたものですが、公園などで見かけることのあるエノコログサ、いわゆる、ネコジャラシでも問題ありません。

細長い葉を持つ食物繊維の長いものでキツイ臭気の無いものであれば代用はできるようですが、毒性の有無については注意が必要です。

ネコが本能的に猫草を好んで食べる理由は明らかではなく、毛玉を吐き出す以外に便秘気味で苦しいときに排出を促す目的や不足しがちなビタミンである葉酸を補給するためという説もあるみたいです。

ネコにも個性があり猫草を与えても食べないケースもありますが、食べないからといって特に問題はありません。

しかし、庭の植木や室内の観葉植物を食い散らかされても困りますし、中には猫にとって有害な成分を含んでいる植物があるかもしれませんので注意してやる必要があります。

 

ネコとマタタビ

さて、ここまでは、口にする植物の好みに差はあるもののネ、コもイヌも草を食べる主目的には差はありません。

ところが、ネコにあってイヌにない植物に対する好みというものの中に、マタタビという植物があります。

 

「ネコにマタタビ」と言われるように、ネコはマタタビに対して非常に強い執着心を持っています。

ただし、マタタビの場合はその臭いにネコが群がるのであって、葉や茎を食べるのではなくむしろ鼻を擦りつけたり舐めたりして臭いを楽しんでいます。

 

マタタビというのは、夏梅とも呼ばれる樹木でマタタビラクトンやアクチニジンという特有の臭気成分を含んでいます。

これらの臭気成分はネコにとって覚せい剤のようなもので、臭いを嗅ぐことで酩酊状態になり体を擦りつけてゴロゴロするようになります。

飼いネコに懐かれない人にとっては便利なアイテムですが、中枢神経に作用していますので人間の覚せい剤と同じで中毒症状を示すこともあるので注意が必要です。

マタタビはネコ属の動物には例外なく有効で、トラやライオンなどの獰猛な大型動物でも同じようにゴロゴロするようになるそうです。

マタタビはインターネットで販売されているものもあるようですが、入手と育てるのが困難と考えるのであればイヌハッカと呼ばれるシソ科のハーブは多年草ですので楽です。

英語名のキャットニップにちなんで日本ではキャットミントと呼ばれることもあり、マタタビと類似した効果のあることが知られています。

キャットニップというのは「猫が噛む草」という意味があり、噛むことによって出てくるネペタラクトンというマタタビラクトンを構成する臭気成分の一つが含まれています。

ハナシソという呼び名で肉料理や刺身の付け合せとして利用されているような植物ですので、マタタビよりは入手しやすい植物です。

 

ネコはガリやジュースは食べる?

また、少しマニアックなようですが、マタタビやイヌハッカと同様の効果を示す我々の生活に馴染み深いものに、お寿司に添えられるガリや野菜ジュースがあります。

インターネットで「野菜ジュース+ネコ」や「ガリ+ネコ」で検索すると個人レベルで試している人は多く見受けられます。

しかしながら、効果を表す画像を見る限り、正しくマタタビに対する行動と同じです。

ちなみに、野菜ジュースの種類は特に限定されているわけではなく、カゴメの「野菜一日これ一本」や伊藤園の「一日分の野菜」でも同様の効果が得られているようです。

ただし、科学的な解明が行われているわけではありませんので、安全性などについては保証の限りではありません。

原材料を見る限りネコにとって危険なものはなさそうですが、ショウガなどの刺激性のある食材はあまりお奨めできません。

野菜ジュースの紙パックを開いて洗ったものでもペットボトルのキャップでもネコが臭いを嗅いで体を擦りつける動作を始めるということですので、この程度であれば試してみるのもありかもしれません。

ネコの食事
おすすめキャットフードランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です