猫草徹底解析!猫草は猫にとって必要なの?それとも不必要?

  •   
  •   
  • 猫草徹底解析!猫草は猫にとって必要なの?それとも不必要?
ネコの食事

猫が好んで食べる猫草ですが、その猫草には猫にとって欠かせない重要な役割があります。

とくに毛玉が溜まりやすい猫や、胃腸が弱い猫には欠かせない猫草ですが、獣医師の中には猫草は猫に与える必要がないという人もいます

ここでは、実際に猫草の使い方や無い時の対処法などを紹介し、猫草が猫に本当に必要かを検証します。

猫草とは

猫草とは、正式名称ではなく、猫が好んで食べる草という意味の総称として猫草と呼ばれています。

猫草の種類

猫草はイネ科の植物であり、日本ではエン麦や小麦、大麦の若葉などが猫草として多く売られています。

また、猫じゃらしという名称で呼ばれているエンコロ草なども猫が良く食べる草として知られています。

しかし、イネ科の植物全てが猫草に適しているわけではなく、猫草として食べられるものは数種類しかないため、注意が必要です。

猫草の使い方

ペットショップやホームセンターなどでは、園芸キットで売っている所も多いです。

使い方は園芸キットに生えてきた、または生えている猫草をそのまま猫に与えて食べさせます。

食べたことのない猫でも、最初からむしゃむしゃ食べる猫や徐々に食べだす猫など様々ですが、一旦食べ始めると猫草がなくなるまで食べてくれます。

猫草のメリット

では、猫が好んで食べる猫草ですが、実際に猫に対してどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

実際に、猫がどのような理由で猫草を食べているのかは、まだ解明されていません。しかし、いくつかの仮説は出ていますので、それらを紹介します。

まずはメリットから見ていきます。

  1. 毛玉の排除のサポート
    猫は絶えず毛づくろいを行い、定期的にその毛を毛玉状にして吐き出します。とくに長毛種や中毛種などの猫は、毛の長さに比例して毛玉の量も多くなります。猫草はその毛玉を排出する際に、スムーズに吐き出せるようサポートをする役目があります。
  2. 便秘解消
    猫草はイネ科の若葉なので、繊維質が豊富に含まれています。猫は肉食ですので、便は固く水分が足りていないと、便秘になってしまう猫もいます。猫草はそれらの便に上手く絡まり、腸内の便と合わさり排便を促します
  3. ビタミンやミネラルの補給
    猫草はイネ科の植物であり、その多くが若葉です。若葉には、ビタミンやミネラルを多く含んでいる物が多く、特に葉酸などの補給に役立ちます。また、抗酸化力に優れている天然のビタミンCやE、フラボノイドや葉緑素の元であるクロロフィルなどの抗酸化物質も含まれていますので、猫草を食べることにより、自然にそれらのビタミンやミネラル、抗酸化物質を摂取することができます
  4. 食感が良い
    猫草はイネ科であり、繊維質が豊富に含まれているため噛み心地が良いというメリットがあります。とくに、子猫から成長期の猫の場合には、歯が生えたり生え変わる時期なので、歯茎が痒くなり歯ごたえのある物を好む猫が多くなります。
  5. おもちゃとして
    猫はいたずら好きであり、噛んだり叩いたりと激しく遊ぶ猫も多いです。猫草はそのような遊び好きな猫には最適のおもちゃとなります。

参考文献:猫専門病院の猫ブログ
http://nekopedia.jp/nekokusa/

猫草のデメリット

  1. 胃腸を過剰に刺激してしまう
    猫の体質や体調にもよるため、全ての猫がそうであるとは言えませんが、猫草を食べると、胃腸内でそれが刺激となり、急に吐き気を催してしまう猫がいます。
  2. 多く食べ過ぎて下痢になる
    食感などが好きな猫は、夢中になるにつれて猫草を食べ過ぎてしまい、下痢になる猫がいます。猫草だけの問題ではない猫も居ますが、あまり猫草を食べ過ぎると繊維質の取りすぎになってしまいます。
  3. 興味を示さない、または猫草の土に興味を示してしまう
    猫草に興味を持たずに、猫草が入っている土やキットの鉢植えなどに興味を示してしまい、ボロボロにしてしまう猫がいます。土は化学肥料が入っている場合があり、食べてしまうような場合には、注意が必要です。

猫草が必要でないと思われる5つの理由

最初の項でも述べましたが、獣医師の中には、猫草をあまり重要視していない人もいます。ここでは、その理由を紹介していきます。

  1. 毛玉は猫自身の力で排出できる
    毛玉をスムーズに排出できるのは、猫草が役に立ちますが、猫は元々自力で毛玉を排出する力を持っています。そのため、無理して猫草を食べさせなくても勝手に毛玉を排出するため必要ないとも言われています。
  2. キャットフードにビタミン・ミネラル類は含まれている
    猫の理想的な栄養バランス表などを規定しているアメリカの機関、AAFCOによれば、現在販売されている一般的なキャットフード(総合栄養食と明記されている商品)には、猫に必要なビタミンやミネラルは予め含まれており、キャットフード以外を積極的に取らなくても、必要な栄養分は摂取できるようになっています。
  3. 食べない猫も一定数いる
    全ての猫が猫草が好きというわけではありません。多頭飼いをしている家庭でも、猫草を好んで食べる猫も居れば、全く食べない猫も居るというように、猫の食の好みなども関わってきます。
  4. 猫草を食べない猫でも健康である
    公式な研究結果は出ておりませんが、猫草を全く食べない猫でも長生きをする猫は多く、猫草を食べたから健康になるということは言えません。
  5. 猫草がいつも用意できるとは限らない
    猫草はイネ科の植物ですので、寒い季節の場合には定期的に購入し直さなくてはいけません。家計や時間に余裕がある人は良いですが、忙しい人などは定期的に用意できるとは限らず、家計にも負担がかかります。

参考文献:愛猫のハッピーLIFE百科

猫草が無い時の対処方法

猫草が無い場合には、以下のような植物が猫草の代わりになります。

猫草が無い場合には、猫草の季節になるまで待っても猫の健康には変わりないとも言われていますので、猫草が好きな猫には辛いですが、そうでない猫はあまり心配しなくても大丈夫です。

  • キャットニップ
  • キャットミント
  • 大根の葉
  • レモングラス
  • スプラウト類

これらの植物は、猫にも害がなく安心して与えられます

ただ、猫によっては好みでないため、食べない猫もいます。また、大根の葉を食べる猫は、キャットフードに混ぜてあげても喜びます

猫草が必要かどうかの結論

結論から言えば、猫草が必要かどうかは、それぞれの猫の体質や好みによります

例えば、便秘がちな猫や消化不良を起こしやすい猫などは、猫草がそれらの不調を改善してくれます。また、高齢の猫などは上手く毛玉を排出できない事も多いため、猫草などを併用すると上手く吐き出せるようになるでしょう。

しかし、元々健康な猫や猫草を好まない猫などは猫草は必要なく、キャットフードだけでも十分健康で暮らせます

 

まとめ

猫が食べる猫草とは、猫が好む草の総称名称であり、主にイネ科のエン麦や大麦・小麦などが主に猫草として、ホームセンターやペットショップで販売されています

猫草が猫にとって必要かどうかは、長い間議論されており、未だにその確証は得られていません。猫草の効能は主に消化器官のサポートやビタミン・ミネラルの補給、猫の好みの食感などがあります

しかし、メリットばかりではなく、食べ過ぎたり、猫草の刺激の強さにより、却って消化器官の不調を訴える猫もいます。

そのため、猫草を与えるのも良いですが、与えなくとも猫の健康は変わらないという結論が最近の獣医師たちの結論になっています。

ネコの食事
おすすめキャットフードランキング

コメント

  1. 中井川理佐 より:
    あなたのコメントは承認待ちです。

    写真のえん麦はどこの商品でしょうか?うちはうさぎがいるのでえん麦のあの苗が欲しいです。このサイズ感といいお買い得そう!どこのお店の商品の写真をはったのでしょうか。教えて欲しいです????

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です